サーバル

サーバル(Leptailurus serval)は、哺乳綱食肉目ネコ科サーバル属に分類される食肉類。本種のみでサーバル属を構成する[4]。

中型の肉食獣である。レプタイルルス属はセルヴァル種のみで構成され、セルヴァル種は18亜種(現生は17)からなる。ハイブリッド(サバンナキャット)は分類の外にある。毛皮を取るために狩猟され、個体数は時代を追うごとに減ってきている[要出典]。
分布
主にサハラ砂漠以南のアフリカ大陸(後述の例外あり)[3]。モロッコでも小規模な個体群が隔離分布する[3]。アルジェリアでは絶滅したと考えられ、チュニジアには再導入された[3]。

かつてはサハラ砂漠の北縁部にも広く生息していたが、この地域では絶滅し、今ではサヘル(サハラ砂漠南縁部)以南のアフリカ大陸にまばらな状態で分布する[要検証 – ノート]。

形態
頭胴長(体長)60 - 100センチメートル[10]。頭胴長67-100 cm。尾長24 - 45センチメートル[10]。肩高54-62 cm。体重8.6 - 18キログラム[10]。体に比べて尾がやや短い[11]。ほっそりした美しい体型をもつ。全身は柔らかい体毛で密に被われる[10]。体毛は短くやわらか。体色は黄色や黄褐色で、腹面や四肢の内側は白っぽい[10]。小さな黒い斑点が入るが、頸部や肩・肘では斑点が筋状になる[10]。毛色は黄褐色で小さな黒い斑点がある。また首の後ろ、肩に6本ほどの黒い線がある。尾は黒い輪状の斑紋が入り、先端は黒い[10]。尾の斑点は先にいくにつれて黒いリング状になる。下腹部や肢の内側は白っぽい。毛色には個体差があり、まれに全身真っ黒のものもいる。西アフリカの個体群は体色が濃く斑点が小型なことから、別種Felis servalinaとみなされたこともある[10]。

耳介は大型で、先端は丸みを帯びる[10]。顔の大きさに比べると、耳は他のネコ科動物に比べても際立って大きく、敏感である。その聴力は土の中にいるネズミの動きも感知できると思われている。耳のほか、後ろ足も大きく発達しており、高さ2メートル、距離4メートル前後のジャンプも可能にしている。

染色体数は2n = 36[6]。

コメント 0

Oops! This content can only be shown if you consent to cookies.

Find out more